企業情報

記念館歴史

        周恩來・鄧穎超紀念館の前身は「周恩来青年時代天津にて革命活動紀念館」(略称「青年時代館」)である。1976年、周恩来が逝去された後、その輝かしい功績を讃えるべく、中国共産党天津市委員会と天津市人民政府が申請し、中共中央の批准を得て、周恩来青年時代の勉強地と社会活動地である南開学校東楼に記念館を建立し、1978年3月5日に正式にオープンした。記念館の名の題字は政治家・葉剣英の筆によるもので、敷地面積は1,386平米で、建築面積は960平米であった。

      「青年時代館」の復原陳列は東四講室と理化講室に分けており、当時周恩來が受講していた教室と社会活動を行っていた場所である。中学時代、日本留学時代、「五・四運動」時代とヨーロッパ留学時代との四つの内容からなっている。
        ここに陳列されている歴史写真や実物、文献などは400点以上があり、そのうち、「五・四運動」時代の貴重な写真や周恩来の中学時代と「五・四運動」期間において編集した新聞・雑誌などの貴重な文物も含まれている。
      「青年時代館」は設立以来、20年間に渡って受け入れた見学者は延べ200万人を超えた。1992年に天津市政府に「天津市青少年基地」、1994年に中国共産党天津市委員会、市政府に「天津市愛国主義教育基地」と指定され、また、1996年に国家教育委員会、文化部などの六部門に「全国中小学校愛国主義教育基地」と指定された。1995年、ユネスコから「国際科学と平和特別貢献賞」を受賞した。時代が進み、経済が急速に成長している中、精神的文明構築の強化に新たな内容が求められている。
       周恩來と鄧穎超は偉大なプロレタリア革命家・揺るぎないマルクス主義者・党及び国家の卓越した指導者である。二人は中国人民の解放と新しい中国の創立、及び我が国の社会主義建設、偉大な共産主義事業のために、すべてを捧げ、全党・全軍及び全国各民族人民から深く敬愛されている。
       周恩來と鄧穎超同志の青少年時代は天津で過ごしていた。二人はここで出会い、恋をし、そして共に革命に道を歩み、革命思想の伝播と救国・救民の真理を追い求めていた。新しい中国が成立したあと、二人の偉人は天津の発展に常に関心を寄せ、何度も天津を視察に訪れ、天津人民の生活状況を気に掛けていた。二人は天津を第二の故郷にしており、生前に死後天津の地に散骨してほしいとの遺言を残し、天津人民に対する特別な感情を表した。周恩來と鄧穎超の偉大な功績と崇高な人格を後世に伝えるべく、中国共産党天津市委員会と市政府が申請し、中共中央の批准を得て、周恩來・鄧穎超紀念館の建立が決まった。党及び国家指導者が本記念館の建設に非常に関心しており、名の題字は江沢民によるものである。また、記念館の建設中において、李鵬、李瑞環などの国家指導者も自ら工事現場に臨み、指導した。周恩來・鄧穎超紀念館の建立は全市人民の共通の願いであった。本記念館の総投資額は7,800万元、うち、社会各界民衆からの寄付金は1,200万元もあった。本記念館は1996年12月23日に定礎・着工し、工事参加者全員が二人の偉人に対する敬愛の念を抱きながら、極寒と猛暑にもかかわらず、高い政治的情熱を以って工事に取り組み、わずか一年四ヶ月(土木工事と陳列・展示作業を含めて)で建設任務を果たした。そして、1998年2月28日、周恩来生誕100周年記念日の数日前に盛大に開館した。二人の偉人のために記念館を建立することは前例のないことであり、本記念館は天津市における重要な愛国主義教育基地のほか、天津市の文化施設のシンボルの一つでもある。
        旧「周恩来青年時代天津にて革命活動記念館」が廃止され、周恩來・鄧穎超紀念館に併合し、もとの住所は南開中学校に引き渡した。


 

住所:天津市南開区水上公園西路9号

電話:86-22-23592257 86-22-23591821

郵便番号:300074  
版権所有者:周恩来鄧穎超記念館
津ICP備15008662号
Tel:022-23592257/23591821
E-mail: zhoudeng1@mzhoudeng.com