鄧穎超展示ホール
時間:2015-12-13

鄧穎超展示ホール

「鄧穎超――20世紀における中国婦人運動の先駆者」
「鄧穎超――20世紀における中国婦人運動の先駆者」に関する資料は革命戦争時代と建設・改革時代という二つのホールに分かれて展示されている。
鄧穎超はそれぞれの時代において、新しい中国の創立・社会主義国家建設への関与、世界婦人運動に於ける指導者としての歴史的貢献活動が展示されている。

第一展示ホール 革命戦争時代
「五四愛国運動」における献身的活動
鄧穎超は清朝末期に生まれ、幼少期に父を亡くし、母親と共に転々とした生活を送っていた中、強くて自立した母親の姿を見て育った。少女時代の鄧穎超は救国の志を立て、「気概を持って、国家の進歩を計る」と誓った。1919年に五四運動が勃発し、僅か15歳の鄧穎超は天津婦人部愛国同志会の発足に携わったほか、講演隊の立ち上げ・愛国思想の情宣活動なども行った。また、周恩来等と天津市先進的青年団体である「覚悟社」を共同で立ち上げ、天津市の学生運動の主要指導者の一人となった。

婦人解放の道を探求
鄧穎超は直隸第一女子師範學校を卒業後、教鞭を執りながら、社会活動に積極的に参加した。彼女は天津において「女星社」などの先進的婦人部組織を発足させ、婦人問題に関する刊行物の創設に携わり、婦人解放思想の情宣活動と婦人解放の道の探求を追求し、婦人権益の拡大と保護のために尽力した。1924年に中国社会主義青年団に入団し、1925年に中国共産党員となり、中国共産党天津委員会婦人部部長を務めた。以来、中国の婦人解放事業に生涯を捧げた。

各界の婦人たちを結び付け、民族解放闘争に参加
抗日戦争が勃発後、鄧穎超は中国共産党代表団の構成員として国民党統治区において、抗日民族統一戦線の展開に取組み、各界の識者と多くの婦女子と手を組んで抗日活動を行った。抗日戦争に勝利したあと、国内の平和を守るために、重慶・南京などを行き来し、党の平和建国への主張の情宣活動に奔走した。解放戦争の時期において、彼女は農村の奥深くまで足を運び、土地改革に参加し、解放区における婦人運動を指導した。新中国成立の直前に、鄧穎超は中国婦人第一回全国代表大会を準備・開催し、中国婦人解放運動の新局面を切り開くために多大な貢献を果たした。
第二展示ホール 建設・改革時代
広範囲に渡る婦人層を率い、国家建設に身を投じる
中華人民共和国が成立した後、鄧穎超が起草した新中国初の法律である『婚姻法』が公布された。同時に、党の婦人事業方針の制定と実施に積極的に関与し、婦人の社会主義建設への参入を導いた。また、婦人の合法的権益の保護を重視しており、婦人の直面している問題点の解決を常に念頭に置き、早くも党中央に産児制限という見解を述べた。鄧穎超は常に工場や農村、学校に足を運び、各地の婦人の生産活動と生活状況に関して調査研究を行い、女性の自尊・自立を促し、国の建設事業に身を投じるようにと激励した。
新局面の打開:国際婦人運動との結合
国際民主婦人連盟執行委員会理事として、鄧穎超は国際社会における中国人女性の地位向上・世界各国女性との友好関係の増進・世界平和運動の推進に大いに活躍した。世界各国の婦人団体と幅広く連携し、友好交流活動の展開、国際婦人会議と重大イベントへの積極的参加及び各国婦人代表訪中団への接客に取り組み、世界婦人運動の発展に大きな貢献を果たした。鄧穎超は傑出した才能と崇高なる品格を以て、各国女性からの尊敬を得ている。

婦人事業を生涯の使命に
1983年6月、鄧穎超は第六回全国政治協商会議主席に当選した。全国婦人連合会の第一線から退いたあとも、なお婦人解放事業を自身の使命として、婦人の自覚、知識及び教養の向上を常に促し、改革開放と近代化促進に貢献するようにと激励した。また、鄧穎超は婦人運動の歴史的経験への取りまとめを重視しており、婦人運動史研究の礎を築いた。鄧穎超は生涯をかけて従事してきた婦人事業を心から愛し、「生きている限り、婦人事業に対する関心と責任を持ち続ける」と何度も語った。
 

住所:天津市南開区水上公園西路9号

電話:86-22-23592257 86-22-23591821

郵便番号:300074  
版権所有者:周恩来鄧穎超記念館
津ICP備15008662号
Tel:022-23592257/23591821
E-mail: zhoudeng1@mzhoudeng.com