陳列展覧

周恩来の生涯展示ホール

周恩来の生涯展示ホール
時間:2015-12-13

第一部分 真理追求のために怠らず探求する

        19世紀末、内憂外患の中国に生まれた周恩来は、少年時代に、「中国の掘起のため」と志を立て、発奮し勉学に励み、天津在学中に反帝国・反封建の五四愛国運動に参加し指導を行いました。彼は、日本、ヨーロッパへ赴き救国向上の真理を怠らずに追求し、探求する中で比較をし、共産主義を信仰することを確立し、「私が認めた主義は必ず不変であり、これを宣揚するために断固として奔走する」と述べました。

第二部分 民族解放のために勲功を立てる

         中国革命の歴史過程において、周恩来は不朽の勲功を立てました。大革命が失敗した後、彼の指導のもと南昌起義を起こし、人民軍隊を創設させ、また遵義会議において、彼は毛沢東の正しい主張を支持し、長征の偉大な勝利を得ました。紅軍長征が陕北に到着後、彼は党中央の指示精神に基づき、西安事変を平和解決するように促し、抗日民族統一戦線を形成しました。抗日戦争の時期に、彼は国民党統治区で堅持し、抗日民族統一戦線の強固と拡大のために怠らずに奮闘しました。解放戦争では、彼は毛沢東を助け三大戦役を指揮し、新中国建設のために辛苦を惜しまず、最大に心血を注ぎました。

第三部分 人民幸福のために一身を捧げて使命達成に尽くす

          周恩来は共和国の総理を26年間歴任し、政府の建設過程において、彼は、開国総理として各階層を団結させ、新中国初期の事業建設と政権強固のために確固たる基礎を築きました。また国際舞台において、彼は初代外交部長として、国家建設に有利な国際環境を創り、世界平和と人類進歩の促進のために、歴史的な貢献をしました。共和国の総理就任期間、彼は全身全霊を以て人民に服務し、心血を注ぎ、精魂を傾け思慮を尽くしたことにより、全国人民から衷心の敬愛と尊敬の念を受けることになりました。「文化大革命」では、彼は困難な危局でありながら、必死になって劣勢を挽回しようと試み、一身を捧げて使命達成に尽くし、死ぬまで懸命に努め抜きました。彼は、一つの高い石碑にように人民の心の中に永遠に聳え立ち続けます。


住所:天津市南開区水上公園西路9号
電話:86-22-23592257 86-22-23591821 郵便番号:300074  

すべての権利を保有。   周恩来鄧頴超記念館
E-メール:zhoudengl@mzhoudeng.com